So-net無料ブログ作成

普天間移設 米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、日米両政府が22日大筋合意した内容は、鳩山由紀夫首相が約束した「5月末決着」期限が迫る中で、交渉を急いだ日本側が沖縄など地元自治体や連立与党との調整よりも対米合意を優先した結果、米側の要求に大幅に譲歩したものとなった。米側主導の交渉でほぼ現行案に戻る形となり、沖縄や社民党は「頭越し」の合意に反発を強めている。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれたのか

 政府が12日の日米実務者協議で示した原案は、環境に配慮した工法として「くい打ち桟橋(QIP)方式」の検討を明記。環境特別協定の締結交渉や、普天間の基地機能の県外移転先として鹿児島・徳之島や全国の自衛隊基地に加え、グアムなど国外も検討対象に挙げたが、米側はいずれも消極姿勢を示した。

 一方、米側が強く求めた「現行計画の環境影響評価(アセスメント)の範囲内に収める」との要求は合意に盛り込まれた。代替施設完成と在沖海兵隊グアム移転の目標年限の2014年をこれ以上遅らせたくないとの意向で「日米実務者間では共通していた」(防衛省幹部)という。

 代替施設の工法も具体的な建設場所も先送りしての合意は、「5月末決着」の体裁を整えるための形式的なものだ。日米政府は11月のオバマ米大統領の訪日までの合意を目指して、国連総会がある9月に外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開き、工法など移設計画の詳細を策定する方針だ。並行して沖縄や社民党の理解を求めていく考えだが、地元と連立与党を含めた合意に達するメドは全く立っていない。

 社民党の福島瑞穂党首は22日、毎日新聞の取材に「沖縄の同意と連立政権内の合意がないまま先に決めてしまうのは全く理解できない。沖縄の反発はより強まり、日米関係も悪化する」と批判。政府関係者は「合意はしたが、普天間の問題は何も終わっていない」と語った。【上野央絵、西田進一郎】

【関連ニュース】
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【写真特集】普天間移設先に一時は浮上した徳之島
普天間移設:仲井真知事 辺野古「正直駄目だ」 首相会談で伝達へ
在日米軍再編:普天間移設 「条件付き容認」で決議−−辺野古区の行政委
鳩山首相VS記者団:参議院選挙「投票日を7月11日と決めた認識はない」5月21日午後6時55分

農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
<覚せい剤>のみ込んで密輸、ナイジェリア国籍の容疑者起訴−−千葉・成田(毎日新聞)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
宅配便の再配達もインターネット時代へ
<裁判員裁判>起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期(毎日新聞)

中国・温首相30日来日=外務省発表(時事通信)

 外務省は18日、中国の温家宝首相が30日から来月1日まで来日すると正式発表した。31日午前に鳩山由紀夫首相と会談し、中国海軍のヘリが海上自衛隊の護衛艦に近接飛行した問題や、東シナ海のガス田共同開発について意見交換。北朝鮮の関与が疑われる韓国の哨戒艦沈没事件の対応などについても話し合うとみられる。
 温首相は1日午前、天皇陛下と会見する。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜デノミで混乱、公開処刑相次ぐ〜

9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
新潟で震度3(時事通信)
囲碁 羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)
<囲碁>羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。